Preloader image

NEWS

2019.09
\お知らせ/

先日よりご紹介しておりました、北海道千歳市にある五穀村・福寿園で作られた「黒豆隠元(くろまめいんげん)」を期間限定でWEB販売しております!

黒豆隠元は紫がかった豆が特徴のめずらしい品種。
こちらの農園では無農薬で丹精込めて栽培し、一本一本丁寧に収穫しています✨

みずみずしい味わいとキュッとした食感は、旬の季節にしか味わえない美味しさ!
スーパーなどでは10本前後で売っていることの多いインゲン豆ですが、こちらでは1㎏単位で販売しておりますので、たっぷりとお召し上がりいただけます♪ 

【商品名】黒豆隠元 (くろまめいんげん)
【販売価格】1キロ 2,000円 (税込・送料別)
【販売期間】2019年10月中旬まで 

●ご購入はDMよりお願いいたします。追って詳細をご連絡させていただきます。
●露地栽培の為、気候の変化によって予定より早く販売終了となる可能性がございます。ご了承ください。

この機会に、たくさんの方に黒豆隠元の美味しさを味わっていただきたいです!
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せください💁🏻‍♀️


2019.09
こんにちは!
株式会社ロム 広報担当のカメダです。 

北海道千歳市にある五穀村での体験レポート、今回は後編をお送りします!
お話をお伺いしたのは「福寿園」の圃場長、高津成士さん👨🏼‍🌾

こちらの農園では約4年前からホナミをお使い頂いています!
その効果についてもお聞きしました。

「バチルス菌は130℃くらいまでの温度に耐えられるところが良い。」
ホナミに含まれるバチルス菌によって土の温度が70-80℃まで温度が上がり殺菌できるうえ、善玉菌のみ残すことができます🌡

「ホナミを使ってから花の色が鮮やかになった。栄養がしっかり届いてるんだなと思う。」
その効き目は花の色からも分かるという事なんですね! 

さらに「藁を入れると温度が上がって良い。」と高津さん。
ただホナミを使うだけでなく、様々な組み合わせで試行錯誤していらっしゃり、野菜をより良く育てるためのたくさんの工夫を感じました🌱 

農法について尋ねると「農薬や化学肥料はなるべく使わず野菜を作りたい。しかしこのあたりは火山れきのため、与えた栄養が流れてしまい肥料効果が長続きしない。」のだそう。
それでも現在化学肥料は「カンフル剤程度の微量しか使っていない。」とのこと。

また、無農薬で育てていくには、雑草取りや害虫の駆除など、たくさんの時間と手間がかかります。
それでも「農薬に頼らず、なるべく自然農法で作っていきたい」と話してくださり、人や環境に優しい野菜づくりへの熱い思いが伝わってきました☺️✨

高津さん、これからも元気で美味しい野菜を作り続けてください!!
引き続きロムでもバックアップしていきたいと思います!

---------------------------------------------------------
今回の福寿園のように、ホナミをお使い下さった農家さんをインスタグラムでご紹介いたします!!(ご希望の場合)
ホナミご購入の際、備考欄に「インスタ紹介希望」とご入力ください✏️
---------------------------------------------------------

2019.09
こんにちは!
株式会社ロム 広報担当のカメダです。

明日から、今月二度目の三連休♪という方も多いのではないでしょうか?
札幌は今週末まで晴れ予報です!
短い秋、楽しんでいきましょう🌾🌰🍁 

先日、北海道千歳市にある五穀村の農家さんを訪ねてきました!
五穀村「福寿園」の圃場長、高津成士さん👨🏼‍🌾
デニム姿がお似合いで、御年69歳とは思えない若々しさ👖
こちらの畑では、約4年ほど前から「ホナミ」をお使い頂いております!

自衛隊からちり紙交換屋まで、様々な職業を経て、2003年頃からこの場所で農業を始めたという高津さん。
自然薯作りから始め、現在はいんげん・じゃがいも・そばの花など種類を増やし、ほぼ全てを一人でこなしていらっしゃいます。まさに農業のスペシャリスト🎖

この日は、いんげんの収穫を体験させて頂きました。
採り方を教わって、いざ収穫開始!

高津さんの畑では「黒豆隠元(いんげん)」という品種のいんげんを栽培しています。この品種、北海道ではとっても珍しく、さやを開くと少し紫がかった美しい豆が顔を出します🌱
(熟成するとツヤツヤした黒豆に!)

高さ2.5m×幅18mのいんげん畑、10列ほど並んでいます。思った以上に広い!
いんげんは一本一本が細く小さいため、採りきったつもりでも良く見るとまだまだある😧の繰り返し。これを普段お一人で収穫されている高津さんのタフさには驚くばかりです。
「採っても採っても次の日には伸びてくる。いんげんの収穫が一番大変。」と高津さん。
1時間ほどお手伝いしただけでもその大変さがよくわかります。


 👉 後編につづく👉 


2019.09
こんにちは!
株式会社ロムの広報担当 カメダです。 

札幌では「さっぽろオータムフェスト」が開催中ですね!
さっぽろオータムフェストは、札幌の大通公園をたくさんの屋台が埋め尽くし、海の幸から肉料理、ご当地ラーメンなど、様々な北海道の食を楽しめるイベントです🍜🍣🍛🌽🍕🍦

私のお気に入りは、海の幸と日本酒が堪能できる、八丁目会場!
今年も美味しいものを見つけるため、何度か足を運ぶことになりそうです🤤
みなさんのオススメがありましたら是非教えてください♪

さてさて!
先日ご紹介しました農業用微生物資材 「ホナミ」について、今回はよりやさしく紐解いていきたいと思います! 

美味しい野菜が作られる良質な土壌には、多くの微生物が生息しています。
良い土の中には1グラムあたり数億もの(!)微生物が生きているんです🦠
こうした微生物の働きが生きた土をつくり、植物を育てる基礎になっているんですね。 

【ホナミの特徴】
北海道の大自然から分離した酵母・バチルス菌を使用。

酵母→植物の根から出る分泌物や、土壌中の有機物が材料。ビタミン類やアミノ酸など多くの成分がバランス良く含まれ、植物の成長を促します。

バチルス菌→いわゆる納豆菌。有害菌と共存することで互いに発育や生存の促進が期待できます。

この酵母とバチルス菌を、ロム独自の製造技術で作りだしたのが「ホナミ」

「環境に配慮したい」「強くて美味しい農作物を育てたい」そんなこだわりをお持ちの農家さんをホナミを通じてサポートできることは、とても嬉しいことだと感じています! !

ところで先日、ホナミを使って栽培したとうきび🌽を頂いたのですが、もう甘くて濃厚で最高に美味しかったんです✨
残念ながら今年の収穫時期はそろそろ終わりを迎えますが、まだ食べたことのない方にもぜひ味わって頂きたいなぁと思った体験でした。 

今後、ホナミを使った美味しい野菜を作っている農家さんもご紹介していきます。お楽しみに! 

\ホナミが通販でカンタンに購入できるようになりました/
・2枚目の写真タグから通販サイトへ移動できます🛒
・ご注文頂いたお礼に、農家さんをインスタでご紹介いたします!(ご希望の方)

2019.09
こんにちは!
株式会社ロムの広報担当、カメダです。

こちら札幌は、夜は寒く感じるくらいに涼しくなって、もうすっかり秋です🍁
秋といえば美味しいものがたくさんある季節ですね!
秋の味覚にも色々🍚🍎🌰🍐ありますが、私カメダは早く脂ののった秋刀魚のお刺身が食べたいです🤤
短い秋、全力で楽しんでいきたいですね! 

さて、今回はわたしたちの研究分野の中でも特に身近な、農業・畜産関連の研究開発についてご紹介したいと思います! 
わたしたちの身体を作る農作物や畜産物。美味しいだけでなく、より安心・安全だと嬉しいですよね。

そんな“人や地球環境に優しい農業・畜産業”には、微生物の活躍が重要になります🦠

- 土からこだわる最先端農業 - 「農業用微生物資材 ホナミ」

よい土の中では、多くの微生物が生きています。「ホナミ」はそんな良質な土壌の環境をつくり出します。
ホナミには、北海道の自然から採取した酵母菌が豊富に含まれており、土壌の地力を上げることで作物本来の味・栄養成分を引き出します!

また、バチルス菌もバランス良く配合されており、連作障害の予防や病原性に対する拮抗作用もあるところも大きなポイント。 (詳しくは次の投稿で)

ホナミをご利用になっている農業のスペシャリストの方々からもご好評をいただいております👨🏻‍🌾
先日お邪魔した千歳五穀村の高津さんからは「化学肥料や農薬の低減につながった」との嬉しい声が!

このようにロムでは、生産者である農家さんと共に、消費者の皆さんの「食の安全・安心」に取り組んでいます💪

…と宣伝に力が入ってしまいましたが、カメダ一押しのオススメ商品「ホナミ」にご興味をお持ちいただけると嬉しいです!! 

\ホナミが通販でカンタンに購入できるようになりました/
・5枚目の写真タグから通販サイトへ移動できます🛒
・ご注文頂いたお礼に、農家さんをインスタでご紹介いたします!(ご希望の方)


ページトップへ